脇汗が多いのは自分だけ?悩んでいる人はまず生活習慣を見直そう!

熱い夏に限らず脇汗が気になるなんて女性も多いのではないでしょうか?脇汗が多いと着る服の形や色にも気を遣わないといけないため女性にとっては特に億劫になるものです。また友人や家族にも脇汗について相談することもできず、一人で悩んでいるという人も多いのです。

脇汗を大量にかく人はかかない人がうらやましいなんて思っているものです。私も脇汗をかかない体になりたいなんて思うものです。しかしなぜ脇汗には個人差があるのでしょうか?脇汗は体質や遺伝以外にも生活習慣が大きく影響すると言われています。何気に行っていることで人よりも脇汗をかき易い環境を作りだしている人もいます。脇汗は体質だけでなく、食生活、喫煙、アルコールなども大きく影響すると言われているのです。

特にアルコールを飲む人は多いですよね。もちろんお酒にも良いところがたくさんあり、アルコールを飲むことでリラックス効果を得られることもあります。ストレス解消にお酒を飲むという人も多いですよね。しかし脇汗が気になる人がアルコールを摂取すると体温が上昇し、血管が膨張すると言われています。そうなるともちろん汗もかき易くなるため必然的に脇汗も多くなるのです。そしてさらに臭いも強くなると言われています。アルコールが体内に入り時間がたつとアセトアルデヒトや酢酸などが生成され体臭がきつくなります。お酒を飲むことで汗をたくさんかき、さらに体臭をきつくしてしまうため、お酒を長時間飲んだり大量に飲んだりするのは控えた方がいいでしょう。お酒はコミュニケーションのひとつでもあり、職場や友人との付き合いでも大切なものです。

そしてストレスも脇汗にはよくありません。多汗症の人の中にはストレスが原因で脇汗をかくという人が非常に多いとされています。会社で働いているとどうしてもストレスが溜まりやすくなります。また忙しいあまりストレスを発散させる時間がないという人もいます。ストレスが溜まってしまうとホルモンバランスが乱れたり、自律神経が乱れやすくなります。それにより腋窩多汗症などの病気をまねく恐れもあるため注意が必要です。

どうして自分は脇汗をたくさんかくんだろうと悩んでいる人はまず、自分の生活習慣などを見直してみましょう。体質や遺伝なども影響すると言われていますが、タバコやお酒を控えるだけで脇汗が減ったということもあります。脇汗を改善させて自分の好きな服、好きな色の服を着てお出掛けしたいですね。